遺言のすすめ

遺産トラブルで相談に来られる方は,自分が紛争に巻き込まれるとは思ってもみなかったという方がほとんどです
そして,そのトラブルの多くは,きちんとした遺言があれば回避できた可能性があります
 
遺産トラブルを未然に防ぐため,遺言は非常に有効な手段となります。
遺言は,種類によってそれぞれ法律で書き方が決められています。

せっかく書いた遺言書も不備があると,その効力はないものとされてしまいます
きちんとした遺言書を作成されたいのであれば,弁護士にご相談の上,公正証書遺言を作成されることをお勧めします。
 
 

公正証書遺言とは

公正証書遺言は,公証人が遺言者の口述をもとに遺言書を作成し,その原本を公証人が保管します。 
公証人が作成した遺言書に,遺言者,立会人,公証人が署名押印すれば,公正証書として認められます。
 

遺言書の保管について

遺言に沿って相続手続きを進めるためには,遺言書を相続人に見つけてもらわなければなりません。
従って,遺言書は遺言者が亡くなった後に相続人らがすぐに分かるような場所で,かつ隠されたり,勝手に書き換えられたりする心配の無い場所に保管しておく必要があります。
 
以下のような場合は,是非遺言の作成をお勧め致します。
・お子様がおられない方
・再婚された方
・企業の経営者の方
・特定の方に財産を残されたい方
・遺産トラブルを未然に防ぎたい方
・法定相続人以外に財産を残されたい方

遺言・相続問題に関しては、下記のページもあわせてご覧ください。

遺言・相続について 相続の流れ 相続と相続放棄
相続人・特別受益・寄与分 遺産分割の方法 遺言のすすめ



法律問題についてはいたむら法律事務所へ

いたむら法律事務所について詳しくはこちら

◆HOME ◆当事務所の特徴 ◆弁護士紹介 ◆事務所紹介
◆弁護士費用 ◆ご相談の流れ ◆解決実績 ◆当事務所までのアクセス

その他専門サイト・ブログはこちらから

rrikonbanner.jpg賠償金が上がる交通事故相談saimuseiribannrt.jpgblogbanner.jpg



いたむら法律事務所山口県弁護士会所属

Copyright (C)2012. いたむら法律事務所 All Rights Reserved.