遺産分割

遺産について,誰に,どのように分割するかを相続人全員が合意し,書面にまとめたものを「遺産分割協議書」と呼びます。 

遺産分割協議書は,不動産などの名義変更に必要となります。 また,通常はプラスの財産だけでなくマイナスの財産についても記載します。
 
内容としては,
・誰に
・どの財産を
・どれだけ
・どのように分けるか
を記載します。
 
相続人全員の署名押印をしたものを,必要な枚数作成します。
 
遺産分割協議書を作成する前に,
 
誰が相続人なのか
相続財産には何があるのか

をしっかり確定させる必要があります。
さらに,作成までに相続人全員の同意を得ておかなければなりません。
 
 

遺産分割がまとまらない場合

遺産分割協議がまとまらない場合は,親族間の関係が悪くなる前に,専門家である弁護士に相談しましょう。
 
第三者が加わっても解決しない場合は,家庭裁判所の調停で協議することも有効な手段の一つです。
遺産分割の調停は,相続人の1人あるいは何人かが,残る全員を相手方として申し立てることになります。また,調停で協議を経ても話がまとまらなかった場合,審判手続きに移行します。
 
審判手続きでは,裁判官が様々な事情を考慮して遺産分割の審判をします。

遺言・相続問題に関しては、下記のページもあわせてご覧ください。

遺言・相続について 相続の流れ 相続と相続放棄
相続人・特別受益・寄与分 遺産分割の方法 遺言のすすめ



いたむら法律事務所山口県弁護士会所属

Copyright (C)2012. いたむら法律事務所 All Rights Reserved.