相続と相続放棄

相続が開始すると,相続人は被相続人(亡くなった方)の一切の権利義務を引き継ぎます

通常,相続といえば財産である「不動産」「現金」「自動車」などプラスの財産を連想しがちですが,その他にも借金などマイナスの財産も存在します。
マイナスの財産には,借金以外に損害賠償債務なども含まれます。これらを相続したくない場合には,相続放棄という選択肢があります
 
ここでは,3種類ある相続の方法をご紹介します。
 

1.単純承認

プラスの財産もマイナスの財産も全て引き継ぐ方法です。
 
この場合は特別な手続をする必要はなく,相続開始後3ヶ月以内に他の手続をとらなければ,自動的に単純承認をしたとみなされます
なお,相続開始後に相続財産を処分するなど,一定の場合には単純承認をしたとみなされますので注意が必要です(これを法定単純承認といいます。)。
 

2.相続放棄

プラスの財産もマイナスの財産も全て相続しない方法です。
プラスの財産よりもマイナスの財産が明らかに多い場合,この方法が有効です。
 
相続人は,被相続人が死亡して自分が相続人になったことを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出します。
※第1順位の相続人が相続を放棄した場合は,第2順位,第3順位と相続人が代わりますので,注意が必要です。
相続人が相続開始を知ってから3ヶ月を過ぎると,原則として,プラスの財産もマイナスの財産も全て相続することになります。
 

3.限定承認

プラスの財産の範囲内で債務を引き継ぐ方法です。

プラスの財産が多いのかマイナスの財産が多いのか分からない場合,この方法が有効です。
相続財産で借金を完済できない場合でも,相続人固有の財産で支払う必要はありません
逆に,借金を完済して財産が残れば相続人が取得します。
 
相続人が相続開始を知った3ヶ月以内に,家庭裁判所に「限定承認申述書」を提出して行います。
ただし,相続人が複数いる場合は,相続人全員で行う必要があります。
※限定承認のデメリットは,非常に手間と時間がかかる点と,相続人が複数いる場合には必ず全員で行わなければならない点です。
 
相続には複雑な手続きが必要となりますので,弁護士に相談することをお勧めします。

遺言・相続問題に関しては、下記のページもあわせてご覧ください。

遺言・相続について 相続の流れ 相続と相続放棄
相続人・特別受益・寄与分 遺産分割の方法 遺言のすすめ



いたむら法律事務所山口県弁護士会所属

Copyright (C)2012. いたむら法律事務所 All Rights Reserved.