量的調査と質的調査の特徴について

IMG_1354.jpg

量的調査は,数値化できるデータを集め,その集めたデータから元の調査対象の集団の性質を統計学的に探ろうという社会調査の方法です。

 

量的調査を分類すると,調査対象をすべて調べる全数(悉

皆)調査と,調査対象の一部を調べ,母集団の特性を推測する標本(一部)調査とに分けられます。そして,標本調査は,標本の抽出方法によって,無作為抽出法,層化抽出法,二段抽出法,有意抽出法等に分けられます。

 

また,時的な分類方法として,ある一時点で複数の対象を横断的に比較調査する横断調査(クロスセクショナルデータ)と,特定の調査対象を一定の時間間隔をおいて繰り返し調査する横断調査(時系列調査)とに分けられます。

 

量的調査には,①被調査者(調査対象者)が具体的にいかなる母集団を代表しているのかを統計学的に検討することができる,②調査データの収集の成否が調査者(調査員)の能力や経験に大きく左右されない,③調査票の工夫により調査活動の時間と費用を節約でき,得られたデータの分析においても計量的処理が容易になる等の特徴があります。

 

他方,質的調査は,質的データ(数字には還元しない言語により記述されたデータ)の分析を通して,現象の記述,仮説生成あるいはモデル生成を目的とする社会調査の方法です。

 

質的調査では,調査者が調査対象と面接して質問を行う面接法や,調査対象を観察する観察法により調査が行われます。

 

質的調査には,①少数の被調査者の体験を集中的かつ徹底的に探究することによって調査者がその体験を追体験して,その体験や事象の深層まで理解することができる,②形式的かつ画一的な質問や限定された回答の選択肢を用いてのアンケート調査ではなく,調査対象となっている事象や事実の多くの側面を多元的,全体関連的に把握することができる,③調査者の主観的かつ価値判断的な認識や洞察力を通して事象のより根源的な把握がなされ,分析をより洞察的かつ普遍的に一般化することができる,④時間を遡って順を追って質問することができるため,事象の移り変わりなど変化のプロセスと変化の因果関係をダイナミックに把握することができる等の特徴があります。 

 

量的調査と質的調査の特徴の背景には,それぞれ異なる認識論があります。

 

量的調査が依拠する論理実証主義は,ある命題に関して,唯一無二の真実が人の外部にあるとし,客観的,主観的という二分法もこの認識論に由来します。すなわち,人には内面と外部があり,人はその外部にある事象を把握できるという考え方です。

 

他方,質的調査の認識論は,真実は唯一無二に存在するのではなく,社会的,文化的,歴史的な文脈に依存し,変わりうると考えます。質的調査においては,内面と外部は相互浸透していて区分することはできないとされるため,客観的,主観的という二分法的な発想は用いられません。

 

量的調査と質的調査の特徴は,どちらの方が正しいとか優れているというものではなく,互いに補い合うものといえるでしょう。



 コラム一覧 ▼

量的調査と質的調査の特徴について

ソーシャルワーク実践における倫理的ジレンマについて

高齢者ケアマネジメントの特徴と展開について

社会福祉士・介護福祉士法2007年改正について

介護保険と地域包括ケアシステムについて

面接における非言語コミュニケーションについて

各国の介護費用支出と規模について

障害者虐待防止法の概要について

社会福祉法人の現代的課題について

地域福祉計画における住民参加の重要性について

保健医療サービス提供における社会福祉士の役割について

朝日訴訟と堀木訴訟の意義について

法律相談のご予約

ws.gif いたむら弁護士の法律ウォッチ
出演中!

お客様の声お気に入りに追加弁護士紹介弁護士費用推薦者の声

contents menu

事務所概要

アクセスはこちら

ACCESS MAP 対応エリア

blogbanner.jpg


いたむら法律事務所山口県弁護士会所属

Copyright (C)2012. いたむら法律事務所 All Rights Reserved.