裁判例からみるケアマネのためのリスクマネジメント  

slidetop20140419.PNG  

  裁判例からみるケアマネのためのリスクマネジメント

 

     平成26年4月19日
 

                      いたむら法律事務所

            弁護士・社会福祉士 板 村 憲 作

 

はじめに

判例ソフト:「ケアマネージャー」のキーワードで民事の裁判を検索・・・52件

介護事故で施設や従業員が損害賠償を請求されている事件・・・5件

ケアマネージャー自身が損害賠償を請求されている事件・・・1件

 

どう考えるか?

 

ケアマネ自身が損害賠償を請求された事例

東京地判平成24年11月13日(LLI/DB)

デイケアを利用した際,転倒事故により傷害を負った利用者の相続人が,施設,従業員らだけでなく,ケアマネージャーに対して損害賠償を請求した

事案の概要

Aさん(昭和13年生)

H21.5     乳がん(余命半年)と診断

H21.6.6   退院(6月4日入院)

H21.6.11  介護保険認定申請

          *行政の担当職員が訪問調査

          *ケアマネが訪問調査

          見学1回,利用2回

          (正式な通所介護契約はまだ)

H21.6.30  転倒事故発生

 

事案の概要

 午前8時30分頃,デイケア施設の1階で,介護職員が,Aさんともう1人の利用者を,2階へ繋がる階段に案内していた

 介護職員がもう一人の利用者を誘導するため,Aさんに背を向けて目を離した間にAさんは転倒し,右上腕骨を骨折した

被害者からの請求(5393万円)

介護職員に対する請求の根拠

不法行為(過失)

 

結果予見義務違反

 「Aさんの転倒を予見できた」

結果回避義務違反

 「Aさんが階段を昇る際は常に見守り,介助する義務があったのに怠った」

 

施設に対する請求の根拠

安全配慮義務違反(債務不履行)

 

*正式な契約前でも義務あり?

「ある法律関係に基づいて特別な社会的接触の関係に入った当事者間において、当該法律関係の付随義務として当事者の一方又は双方が相手方に対して信義則上負う義務」(最判昭50.2.25)

    ↓

Aさんの場合は?

 

使用者責任(不法行為)

 

Aさんの転倒を予見できた?

認定調査票(行政)

  両足での立位・・・「支えが必要」「両下肢の筋力低下のため家具や壁に手をついて行う」

  歩行・・・「つかまれば可」「室内は所々手をついて歩いている」

 

個別援助調査票(施設管理者)

  歩行・・・「一部介助」,「転倒に留意」

 

Aさんの転倒を予見できた?

入院時の転倒転落アセスメントシート(病院)

  6月4日入院時・・・危険度Ⅰ

褥瘡対策に関する診療計画書(病院)

  日常生活自立度・・・J2

 

アセスメント表(ケアマネ)

  ADL(日常生活動作)の歩行・・・「自立」

  転倒(6ヶ月内)・・・「ない」

  歩行,立位,座位でのバランス・・・「安定」

 

ケアマネに対する請求の根拠

不十分な調査を行い,AさんのADLについて誤った判断をした

そのため,施設や介護職員がAさんのADLについて軽視し,適切な介護がなされなかった結果,転倒事故が発生した

 

ケアマネージャーとしての注意義務に違反

 (過失による不法行為)

 

ケアマネ側の反論

ケアマネはAさん方を3回訪問し,十分に時間をかけてAさんの動作を確認し,Aさん自身や家族から聞き取りを行い,通所時もAさんの様子を確認しており,十分な調査を行っている

行政の職員は1日しか調査を行っておらず,玄関先でのみ対応したもの

認定調査票の試行テストの結果をみると,実施したと窺えるのは「麻痺等の有無」と「短期記憶」のみであり,その他は家族からの聞き取りにすぎない

 

裁判所の判断

ケアマネが作成したアセスメント表の記載に誤りがあったとは認められない(∵病院の記録やAさんの生活状況と符合)

ケアマネは,Aさんや家族から必ずしも十分な調査の機会や時間を設けられない中,Aさんと接触する機会を活用し,必要な調査を行った上でアセスメント表を作成したと認められる

 

ケアマネージャーとしての注意義務違反はなく,不法行為責任は認められない

 

裁判所の判断

Aさんは,事故当時,歩行は自立し,支えなく一人で移動しており,階段も日常的に一人で上り,杖や介助を必要としておらず,転倒歴もなかった

 

介護職員には,Aさんが階段を昇る際に常時見守り,介助するまでの義務があったとは認められない

施設にも,Aさんと介護職員を1対1で対応させる等の安全配慮義務違反はなかった

 

リスクマネジメントのポイント

〔               〕の重要性

〔               〕の内容の正確性

調査の〔        〕性,〔        〕性

 

ケアマネの調査が「証拠」となった事例①

福岡地判平成15年8月27日(判時1843号133頁)

デイサービスを受けていた利用者が昼寝から目覚めた後に転倒し,骨折した事故において,施設の債務不履行責任が肯定された(約470万円)

 

昼寝中に目覚め,一人で移動して転倒する危険性を予見できたか?

高齢で両膝関節変形性関節症を有しており,歩行に困難を来すとともに転倒の危険があり,このことは,ケアマネから示された居宅サービス計画書及び家族からの書面で施設には知らされていた(※アセスメントは示されなかった) 

 

ケアマネの調査が「証拠」となった事例②

東京地判平成22年12月8日(判タ1346・199頁)

デイサービスの利用者が食事中の誤嚥で死亡した事故について,事業者の責任が否定された

 

誤嚥の危険性を予見できたか?

ケアマネの作成したサービス担当者会議の要点において,食事の提供方法は言及されていない

 

ケアマネの調査が「証拠」となった事例③

京都地判平成24年7月11日(LLI/DB)

ショートステイに入所していた利用者が,居室のベッドから車椅子に向かい一人で歩み出して間もなく転倒し,死亡した事故について,事業者の不法行為責任が肯定された(約3402万円)

 

ベッドから一人で歩み出し転倒する危険性を予見できたか?

ケアマネが作成したフェースシートには,特記事項として「入院中,看護師を呼ぶよう話されているが,呼ばずに立ち上がり,転倒する」等の記載があり,日常生活自立度はⅡaと判定

 

トラブルに巻き込まれるリスク

高齢者虐待,DV(配偶者暴力)

  ex.身体的,心理的,性的,ネグレクト,

    経済的虐待(※子が親の年金を搾取)

高齢者の消費者被害

  ex.訪問販売,振り込め詐欺など

その他困りごと相談

  ex.金銭トラブル,相続,不動産,

    財産管理など

 

ネットワークとアウトソーシング

高齢者虐待     

 ⇒市町,地域包括支援センター  

DV(配偶者暴力)

 ⇒警察,男女共同参画センター 

消費者被害

 ⇒消費生活センター,社協(地権事業)

その他困りごと相談

 ⇒弁護士,社会福祉士など

 

まとめ

適切な〔            〕が最大のリスクマネジメント

リスク情報はサービス提供者と〔       〕する

〔          〕を作り,適度に〔          〕する

講演実績


セミナー・講演分野一覧

【交通事故】 【離婚】
【相続】 【福祉・成年後見】
【不動産】 【その他】

 ※リンクから各講座のテキストをご確認いただけます。

 ご参考になれば幸いです。



【交通事故】

H27. 4.22 認知症高齢者による交通事故の予防と法的責任 【担当:板村弁護士】
H26. 8. 8 交通事故研修-主婦休損と過失割合について 【担当:板村弁護士・藤村弁護士
H26. 7.29 交通事故研修-過失割合について 【担当:藤村弁護士】
H25. 9.10 第1回交通事故研修会 ~第1部 「交通事故と損調専門職」~【担当:板村弁護士・藤村弁護士】


【離婚】

H26. 2. 8 DV防止研修会パネリスト


【相続】
H29. 2.25 遺言書作成支援に関する留意点~遺言者に寄り添った遺言書作成に関する弁護士の意見~
      【担当:藤村弁護士】
H28. 2.27 遺産分割協議をスムーズに行う方法~遺産分割調停等の現場から観た弁護士の意見~
      【担当:藤村弁護士】
H27. 5.14 消費生活講座「よくわかる遺言」~遺心伝心~ 【担当:藤村弁護士】
H26. 6.21 賃貸住宅セミナー よくある相続トラブルとその予防法 【担当:板村弁護士】
H26. 5.16 相続と資産防衛 今,知っておきたい実践セミナー  【担当:板村弁護士】 
H26. 2.11 相続対策と確定申告・節税セミナー 【担当:板村弁護士】
H25. 5.12 消費生活講座よくわかる相続・遺言・後見


【福祉・成年後見】

H28.10.27 防府緩和医療懇話会「裁判例からみる在宅介護のリスクマネージメント」 【担当:水野弁護士】
H28. 8.23 防府ケアマネ協会研修「神戸玄関チェーン事件で考える徘徊事故のリスクマネジメント」 
      【担当:板村弁護士】
H28. 2.14 第32回華城地区社会福祉大会「老後を賢く安全に暮らすために」 【担当:板村弁護士】
H27. 7.20 ソーシャルワーカーデー「なぜ社会福祉士を取得したのか~弁護士と社会福祉士の視点の違いから~」
      【担当:板村弁護士】
H27. 1.22 介護サービスにおけるリスクマネジメント 【担当:板村弁護士】
H26.12. 5 労働者健康福祉機構の未払賃金立替払制度に関する研修会 パネリスト 【担当:藤村弁護士】
H26.10.25 介護保険サービスにおけるリスクマネジメント 【担当:板村弁護士
H26. 9. 25 施設内障害者虐待防止研修 【担当:板村弁護士
H26. 8. 4 未成年後見制度について 【担当:板村弁護士
H26. 6.11 成年後見と医療同意について  【担当:板村弁護士】
H26. 4.24 消費生活講座 よくわかる成年後見制度  【担当:板村弁護士】
H26. 4.19 介護支援専門員のリスクマネジメントセミナー  【担当:板村弁護士】
H25. 3.24 虐待防止と権利擁護を語る
H25. 2.10 「認知症疾患医療センター研修会」
H24.11.14 「H24.11.15 高齢者・障害者の権利擁護に関する弁護士会の取組みパネリスト」
H24.11. 4 第2回山口芸術短期大学キャリアアップ事業 『施設現場における虐待を考える』
H24.10. 2 平成24年度 法人成年後見研修会講師
H24. 3.27 山口県障害者虐待防止・権利擁護研修会講師(障害者虐待防止法)
H24. 3. 2  高齢者虐待対応関係者研修会講師(高齢者虐待防止法)
H23. 9.15 成年後見講義講師(山口県立佐波高等学校)
H22.11.16 成年後見活用講座講師(高齢者虐待防止法)


【不動産】
H29. 7. 8 プロが教える立退き交渉術~最近の裁判例から見る「正当事由」の感覚~【担当:板村弁護士,藤村弁護士】
H26. 4. 5 入居者とのトラブルを防ぐ法律知識セミナー   【担当:板村弁護士】
H26. 1.18 プロが教える立退き交渉術(H26.1.18) 【担当:板村弁護士】
H25.12. 8 ほっぷ主催 不動産オーナー向け資産活用セミナー 【担当:板村弁護士】
H25. 3.12 山口県土地家屋調査士会防府支部研修会


【その他】
H29. 7.19 主権者教育講演(下関工業高校) 【担当:藤村弁護士】
H29. 6.22 主権者教育講演(厚狭高校) 【担当:藤村弁護士】
H29. 3.14 主権者教育講演(萩光塩高校) 【担当:藤村弁護士】
H28.12.14 主権者教育講演(萩商工高校) 【担当:藤村弁護士】
H27.10.16 弁護士が語る、消費者トラブル 【担当:藤村弁護士】
H27.11.11 マイナンバー研修「マイナンバー漏洩の法的責任と対策」 【担当:板村弁護士】
H26.12. 4  不当要求防止責任者講習  【担当:板村弁護士
H26.11. 7 第81回民暴山口大会第23回山口県暴力追放県民大会 【担当:板村弁護士
H26. 8. 9 山口県行政書士会業務研修会-ペットに関する紛争の解決方法 【担当:藤村弁護士】
H26. 2.10 消費者教育講座~さあ,お金の話をしようか~ 【担当:藤村弁護士】
H26. 2. 1 山口県弁護士会 新人実務研修 【担当:板村弁護士】
H25.12.10 2013年度国土交通省山口河川国道事務所法律相談研修会講師
H25.11.16 山口県行政書士会 法的知識研修会 【担当:藤村弁護士】
H25.11.14 不当要求防止責任者講習
H25. 9.26 やまぐち消費者大学「情報通信サービスに関する相談と法律」【担当:藤村弁護士】
H25. 9.21 「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」 (再改訂版)の解説【担当:藤村弁護士】
H25. 4 .4 利益を守る契約書の作り方
H25. 2.23 山口県行政書士会法的知識研修
H24.11. 1 第21回山口県暴力追放県民大会
             大会の様子が山口新聞に取り上げられました。
H24. 9. 5  山口県証券警察連絡協議会講師
H24. 7.27 2012年度国土交通省山口河川国道事務所法律相談研修会講師
H24. 7.12 不当要求防止責任者講習講師
H23.11.16 企業防衛対策協議会講演講師(暴排条例について)
H23. 8. 9  不当要求防止責任者講習講師
H23. 8. 3  司法修習生及び若手会員対象選択型修習講師(高齢者虐待防止法)
H23. 2.15 平成22年度高等学校消費者教育講師(小野田工業高等学校)
H22. 9. 8  司法修習生及び若手会員対象選択型修習講師(高齢者虐待防止法)
H22. 7.27 山口県警 司法改革制度講演講師(裁判員裁判について)
H22. 6.14 不当要求防止責任者講習講師
H22. 3. 8  消費生活相談員養成講座講師(特定商取引法)
H21.11.26 消費生活相談員養成講座講師(特定商取引法)

福祉分野・成年後見に関しては、下記のページもあわせてご覧ください。

成年後見制度とは 後見人の選び方 任意後見契約
成年後見制度の活用事例 社会福祉コラム                  



法律問題についてはいたむら法律事務所へ

いたむら法律事務所について詳しくはこちら

◆HOME ◆当事務所の特徴 ◆弁護士紹介 ◆事務所紹介
◆弁護士費用 ◆ご相談の流れ ◆解決実績 ◆当事務所までのアクセス

その他専門サイト・ブログはこちらから

rrikonbanner.jpg賠償金が上がる交通事故相談saimuseiribannrt.jpgblogbanner.jpg

法律相談のご予約

ws.gif いたむら弁護士の法律ウォッチ
出演中!

お客様の声お気に入りに追加弁護士紹介弁護士費用推薦者の声

contents menu

事務所概要

アクセスはこちら

ACCESS MAP 対応エリア

blogbanner.jpg


いたむら法律事務所山口県弁護士会所属

Copyright (C)2012. いたむら法律事務所 All Rights Reserved.